人生はときどき晴れ

2002年イギリス=フランス合作。やる気のないタクシー運転手の父、やつれきった母、無口な娘に、ニートのくせに反抗的な息子。しかも母以外みんなかなりの太め。。。

見ていてなんだかうんざりしそうな毎日をただ淡々と描いているこの作品。でも、なぜか最後にポロポロと涙が出ました。このすばらしい邦題と俳優達の好演が、さらに映画を光らせています。なんとこの映画、台詞がなかったそうで、って事は全部俳優の即興?す、すげぇ〜、、、。

本当に人生は『ときどき』晴れ。たまーーーーーに晴れ、かな?でもそのたまーーーーに、の為に毎日のつまらなさがあるのかも。
[PR]
by romind | 2005-06-09 20:39 | おすすめ映画