トゥルーへの手紙

有名な写真家ブルースウェーバーが、9.11爆破テロ以後の恐ろしい世界情勢を背景にして、自分の犬達への愛情を追体験するために作られた映画。

恥ずかしい事に、この映画を知るまでブルースウェーバーを全く知らなかった私。映画をきっかけに彼の写真をたくさん見たが、なんて形容したらいいかわからない、なんともいえないHappyな感じ。愛、平和、自然、幸福、そんなイメージ。映画もまた、素敵な映像が続く。小春日和の休日、芝生に寝転がって、気持ちいい風を感じながら晴れた空を眺めている、そんな気持ちのいい映画。『永遠なものなどなにもない』。そんな彼の、愛するものへの気持ちが溢れていて、その愛が私の心へも浸透してくれた気がしました。

♥LOVE&PEACE♥



b0005683_13155318.jpg

[PR]
by romind | 2005-12-01 20:50 | おすすめ映画