絶対の愛

学生の時、プチストーカーだった。つきあってもいない彼の家の近く、バイト先の近くでよく待ち伏せした。友達はみなドン引きしていたが、私は幸せだった。そう、「私だけ」が幸せだったのだ。いま考えると、すんごい恐い、私。彼も私が恐かったから嫌がる素振りをみせなかったのだと、今ならよーーーくわかる。当時は本当にご迷惑をおかけ致しました、、、。

人は恋愛すると、普通ならありえない事をする。『絶対の愛』はまさにそれ。彼に飽きられた、と勝手に思い込んだ女の子が整形し、全くの別人になって彼の心をつなぎ止めようとする。さすがにここまでする人は少ないだろうけど、いない、とは言えないし、同じ女なので、気持ちはよーくわかる。でも、やっぱり、、、っていう風に彼女はなっていく。それに衝撃のラスト。うーん、考えさせられます。

私も道端ジェシカみたいになれたらなぁ〜、とよく思う。ジェシカみたいだったらプチストーカーにはならなかったのかなー、、、。ちなみに今はそんな事してませんから!!ご安心を?!
b0005683_1448248.jpg

[PR]
by romind | 2008-07-02 21:20 | おすすめ映画